津南町ひまわり広場

津南町ひまわり広場
津南町の「津南ひまわり広場」は50万本のヒマワリが咲き誇る夏の風物詩。

2016年の開園期間は7月29日(金)から8月21日(日)
例年の見頃は7月下旬から8月中旬です

8月10日~8月16日は、ひまわり広場がライトアップされる予定です

以下、2015年の「津南町ひまわり広場」の様子

山道
高速道路の越後川口ICで降り、十日町や津南町の主要道路を1時間ほど走り、途中で山道へ入ります。

農道
山道を抜けると田んぼ道に。

駐車場
駐車場です。2007年に訪れたときは土の駐車場で地面がデコボコでしたが、2015年は砂利が敷き詰められ整備されていました。
駐車料金は300円でしたが、代わりに…

駐車チケットと割引券
500円として使えるチケットを頂きました。200円のお得。太っ腹ですね!

※ひまわり畑の入場料は無料です

売店通り
駐車場のすぐ隣には沢山の露店が出ていました。
こちらでは先ほど頂いた500円のチケットを利用できます。

とうもろこし
採れたて新鮮なとうもろこしは、焼きもろこし300円、ふかしもろこし200円。
注文をしてから焼き始めてくれて、甘く香ばしい美味しいとうもろこしをいただきました。

かかしコンテスト
毎年「かかしコンテスト」も開催されていて、来場者が投票をして順位を決めます。

ひまわり広場への道
ひまわり広場へ。人よりもひまわりの方が背が高いですね。
この後一旦ひまわりに囲まれた道を通り抜け…

ひまわり畑を一望
ひまわり畑を一望できる高いところに出ました。

津南町ひまわり広場
そこからの景色。一面のひまわりが咲き誇っています。

ひまわり迷路
こちらも毎年恒例の「ひまわり迷路」無料で楽しめます。

迷路の注意書き
迷路に関する注意書き。難易度が高いので、時間の無い方や体力に自信の無い方はご注意を!
平均20分もかかるという規模の迷路らしいです。せっかくなので突入します。。。

ひまわり迷路の中
ひまわりの背が高いため、上から迷路を見渡すようなことはできません。通路が狭いのですれ違いは大変。

迷路の通路
看板通りの難易度らしく、「どこ?」「出れなーい!」「さっきココ通らなかった!?」などの声が迷路内ではそこら中から聞こえます。

ひまわり迷路のゴール
あまり迷わず(途中で写真を撮るため止まりつつ)11分でゴールできました。
順調にゴールしてこの時間なので、平均20分というのもうなずけます。

津南町のアイス
露天でご当地アイスらしきものが売っていたので、帰り間際に購入。
味は全5種類で「魚沼産 あんのう芋のアイス」を選択(250円)
寒天こんにゃくアイスなのだそうで、通常のアイスとは違いモニュっと弾力を感じる不思議な食感でしたが、とても美味しいアイスでした。
「津南町ひまわり広場」以外でもきっとどこかで販売してると思うので、見かけたらぜひ!

スポンサーリンク

津南町ひまわり広場

住所 新潟県中魚沼郡津南町大字芦ケ崎
電話 025-765-5585(津南町観光協会)
開催期間 2016年は、7月29日(金)~8月21日(日)
営業時間 9:00~17:00
ライトアップ 2016年8月10日~8月16日の17:00~21:00
定休日 開園期間中は無休
料金 無料
アクセス 津南駅から車で約10分
関越自動車道 塩沢石打ICから車で約40分
駐車場 約210台
(普通車300円、中型1,500円、大型3,000 円、バイク100円)
公式サイト 津南町観光協会公式サイト「津南彩発見」
初掲載日 2008.10.15
最終更新日 2016.8.1


スポンサーリンク