【休館中】上越市立水族博物館

上越市立水族博物館外観

2017年5月14日よりリニューアルのため約1年間の長期休館となります
2018年完成予定の新たな水族博物館は地上3階建てでこれまでの1.2倍となる延べ床面積となる予定。
日本海をテーマにした大水槽を設置し、日本海を背に通年でイルカショーを見られるイルカプールの設置が予定されています。
また、日本一の飼育数を誇るマゼランペンギンのためのペンギンランドが作られ、2階からはペンギンが暮らす様子を間近で見られ、1階からは水中を泳ぐ様子を見ることができます。

リニューアルオープンは2018年4月~6月を予定。

ペンギン
大量のペンギン
約400種類10,000点の水生生物を展示している水族館。
幅13m、高さ8m、水量720立方メートルの巨大なマリンジャンボ水槽には40種2,000尾もの海水魚たちが泳いでいます。

上越市立水族博物館の代表的な飼育動物は、マゼランペンギン・ゴマフアザラシ・クリオネ・ピラルク・ハンドウイルカなど。
マゼランペンギンの飼育数はリニューアル直前の2017年には126羽となっており日本一の飼育数を誇る上越市立水族博物館の目玉となっています。

2017年5月14日よりリニューアルのため約1年間の長期休館となります

スポンサーリンク

上越市立水族博物館(リニューアル前)

住所 新潟県上越市西本町4-19-27
電話 025-543-2449
営業時間 9:00~17:00
イルカショー開催時期:9:00~18:00
定休日 月曜日(時期によって変更アリ)
料金 高校生以上900円、小中学生400円、3歳以上200円
アクセス 北陸本線 直江津駅から徒歩約15分
北陸自動車道 上越ICから車で約10分
駐車場 355台(無料)
公式サイト 上越市立水族博物館
初掲載日 2009.7.14
最終更新日 2017.5.17


スポンサーリンク

TAG :