【新店】ラーメン屋【鬼にぼ ONIMORI】を早速食べてきた!

鬼にボ中華そば

7月19日オープンの新店!
新潟市中央区の弁天橋近くに出来た【燕三条中華 SOBA 鬼にぼ ONIMORI】に行ってきましたー!
人気ラーメン店の西区「おこじょ」や燕市「鬼にぼ」の姉妹店となります。

※ 伺ったのはオープン前のプレオープン時ですので、メニュー内容や味など早い段階で変化する可能性もあります

燕三条中華 SOBA 鬼にぼ ONIMORI の場所や外観

店舗の場所

店舗の場所はちょっとわかりにくかった。
「ラーメン金ちゃん」の跡地だとか?
この写真の場所から真っすぐ行くと弁天橋→新潟駅があって、背中側が亀田方向。

ラーメン屋の目印

道路を挟んで向かい側の「スポーツクラブ ホリデイ」や「スーツのAOKI」あたりを目印にすれば辿り着きやすいかも。

鬼にぼ店舗外観

鬼にぼの店舗。
駐車場はとても広いけど、「鬼にぼ」と書かれたスペースは一部だったので適当な場所に停めるとダメなのかも。

券売機(メニュー)

ラーメンの注文は券売機方式です。
7月19日のオープンから5日間は「中華そば」が500円!
[追記] オープン価格は終了しました。
紛らわしくなるので画像の価格部分をボカしました。

中華そば

鬼にボ中華そば

まずは看板メニューだと思われる「中華そば」並盛り
通常価格は700円

中華そばトリプルチャーシュー

そして中華そばの「トリプルチャーシュー」並盛り
これは通常価格で1030円。
普通のチャーシュー・焼きチャーシュー、角煮の3種のお肉が楽しめます。

中華そばスープ

中華そばのスープ。
「鬼にぼ」と言うだけあって煮干しタップリ…と思いきや、強すぎず意外とアッサリ目。
もちろん煮干しは強く感じますが、クセが強すぎず食べやすい。

そして背脂は量を選べるのですが、これは「油 普通」を選択。
量は「なし・少なめ・普通・多め・大油・鬼油」から選べます。

中華そばの麺

麺はモチッとした多加水な太麺を使用。

中華そばの感想

店主さん曰く、中華そばは燕市の方の「鬼にぼ」よりも煮干し感を抑え食べやすくしたそうです。
燕三条の方を食べたことが無いので比較できませんが、たしかに食べやすかった。
背脂もクドくなく、食べやすい美味しいラーメンでした。

鬼つけ麺

鬼つけ麺

こちらは「鬼つけ麺」並盛り
通常価格で800円です。
野菜がタップリですね。

鬼つけ麺トリプルチャーシュー

そして、鬼つけ麺の「トリプルチャーシュー」並盛り
中華そばと同様に3種のチューシュー入り。

つけ麺にはボイルした野菜が多く乗っていますが、まだ試行錯誤中らしく、完成系が楽しみです。
(ウチらが食べた数時間前のお客さんの時は炒め野菜だったそうです)

鬼つけ麺の汁

鬼つけ麺はトロみのある濃厚な魚介系スープ、ほどよく甘味も感じます。

大盛野菜

つけ麺には野菜がタップリ!
野菜が不足がちな方には嬉しい内容です。
ただ難点として、野菜の水分で後半はスープの味が薄くなりすぎた点ですかね。
まだオープンしたてなので今後の改良に期待ということで。

つけ麺の麺

鬼つけ麺の麺も多加水な太麺。
意外と麺にスープが絡みついてくれます。

鬼つけ麺の感想

野菜のシャキシャキ感がつけ麺には珍しく感じました。
現状のつけ麺だとスープが後半薄くなりすぎるのが気になるけど、チャーシューの味が濃いめなので、チャーシューを後半まで残しつつ食べるとよさそう。
まだオープンしたばかりのお店なので、今後の調整次第で大きく変わるかもしれませんね。

唐揚げ

単品メニュー「からあげ 5個」で通常価格は480円
写真じゃ伝わりにくいけど結構なボリュームです。
こちらにも野菜が入っているため、鬼つけ麺と一緒に注文すると野菜モリモリですね。

小籠包風餃子

単品メニュー「小籠包風餃子(5個)」で通常価格は600円
他に、手軽に食べれる2個入り300円てのもあります。
これも大きなサイズで食べ応え十分。モチモチな皮でした。
タレを、ラー油・辛シビ・味噌の3種から選べます。

その他メニューについて

ラーメンはオープンからしばらくは「中華そば」「鬼つけ麺」の2本立て、のようなことを店主さんがおっしゃってました。
徐々にメニューを開放していき、ココで紹介した以外の「鬼MORI醤油」「鬼MORI味噌」「鬼あっさり」や期間限定メニューが最終的には食べれるようになるとのことです。

スポンサーリンク

燕三条中華SOBA 鬼にぼ ONIMORI

住所 新潟市中央区弁天橋通1-4-33
電話 025-383-8571
営業時間 11:00~15:00 / 17:00~22:00
定休日 なし
アクセス 新潟西バイパス亀貝ICから車で約3分
駐車場 鬼にぼスペースは10台以上(無料)
(共用として全体が使えるのなら50台以上)
初掲載日 2018.7.19
最終更新日 2018.7.23


スポンサーリンク