ブログ

【期間限定】2019年も牡蠣小屋が新潟万代シテイにやってきた【東北復興支援イベント】

新潟市の期間限定牡蠣小屋

新潟市中央区の万代シテイにて東北復興支援イベント「出張カキ小屋」が2018年に続き2019年も出店されました。

出張カキ小屋「牡蠣奉行」

日付|2019年11月21日~12月23日
時間|11:00~21:00(ラストオーダー 20:30)
悪天候の際は中止する場合があります

万代シティバスセンター2階2018年のカキ小屋

場所は新潟市中央区「万代シティバスセンター」の2階。
伊勢丹とラブラの中間ですねー。
上の写真は2018年の写真ですが、2019年も同じくバスセンター2階で開催されています。

新潟の牡蠣小屋の営業期間

2019年の牡蠣小屋の開催期間は11月21日~12月23日まで。
11時~21時の営業で、悪天候でお休みする場合があるそうです。

牡蠣小屋メニュー2018年のメニューと値段

牡蠣は1kgで540円(殻も重量に含まれます)
※ 2019年は1kgで550円のようです。

牡蠣を使った料理の他、おつまみやお酒・ソフトドリンクなどありました。
そして炭代として、ひとり380円が加算されます。

また、後述しますが、上の写真には380円均一とありますが一部を除くようです。

※ 当ページに記載されているメニューや価格は2018年ものです

海鮮BBQのシステム

お店のシステムはセルフBBQ形式。
トレーに食べたいものを載せてレジにてお支払い、備え付けのトングなどの道具を持ってきて自分達で食材を焼き、片付けもお客側で行います。

宮城県産真牡蠣

東北復興支援イベントということで、牡蠣は宮城県産です。
1カゴで1kg540円(2018年の価格)。通常価格は1200円なのだそーですよ。

その他の海鮮類

牡蠣以外にも海老・貝類などといった海産物の他、牛串やフランクフルトなんかもありました。

牡蠣以外はほぼ380円ですが、580円の牛串やサイコロステーキなど、例外もあるようです。

お店全体の写真

店員さんに案内され着席。
店内(ハウス内)は結構広く、上の写真で約半分ほどの席が写っているくらい。
そして、炭火のおかげで冬でもハウス内は暑かったです。

焼き牡蠣

渡された軍手を着け、トングを使い焼きます。

まずは平たい方を下にして3分以上、そしてひっくり返し3分から5分以上焼くとのこと。

蓋(ふた)

たまに牡蠣の殻が弾けて飛んでくるので、備え付けの蓋(ふた)をかぶせて焼きます。

宮城県産真牡蠣

焼き牡蠣の出来上がり!
まぁ、うまい。
しょうゆ、ポン酢、塩などお好みで。

2人で計21コ食べましたが、大半が上の写真ほどのサイズでした。
たまにこれより大きかったり小さかったり、と。

カキ汁

こちらはカキ汁で380円。
手のひらサイズで小さい…けど小ぶりの牡蠣が4つくらい入っていたので妥当なところ…なのかな。

ゴミ箱

食べ終えたら自分達で片付けておしまい。

炭が多いので注意

余談ですが、炭火なので灰がそこそこ飛んできます。
スマホを3分置いただけでこんな感じになりました。
服装や荷物にはご注意を。

当ページのメニューと値段は2018年のものです

【詳細】出張カキ小屋「牡蠣奉行」

住所 新潟市中央区八千代1-6-1
万代シテイパーク(バスセンター2階)
電話 090-7275-2966
営業期間 2019年11月21日(木)~12月23日(月)
営業時間 11:00~21:00(Lo 20:30)
定休日 不定休
雨天 悪天候は休業の場合あり
席代 ひとり380円(2018年の料金)
アクセス 新潟駅万代口から徒歩で約10分
紫竹山ICから車で約10分
駐車場 有料
最終更新日 2019.11.25

【地図】Google マップ