史跡 佐渡金山

佐渡金山入り口佐渡を代表する観光名所「佐渡金山」
観光コースは「宗太夫坑コース」と「道遊坑コース」の2種類あります。
 
「宗太夫坑コース」は江戸時代の佐渡金山を忠実に再現したコース。
初めての来場者は「宗太夫坑」がお勧めだそうです。
所要時間は40分から50分。
 
「道遊坑コース」は明治から昭和の佐渡金山と道遊の割戸近景を見学できるコース。
宗太夫坑を見学された方にお勧めとのこと。
所要時間は40分から50分。

宗太夫坑コースの階段こちらは宗太夫坑コース。
入口から地下へ向かって階段を下ります。
坑内の気温は通年10度前後で、真夏でもかなり冷えています。

通路最も深い箇所で地下3階程度の深さ。
坑道延長は約280mです。

人形模型を見学電動人形精密でリアルな人形宗太夫坑コースは江戸時代の採掘の様子を約70体の電動人形で再現されています。

展示資料館入り口資料館説明宗太夫坑コースは坑道を抜けると、江戸時代の金山がわかる第一資料館と第二資料館に繋がります。
道遊坑コースからは資料館へ繋がっていませんので要注意。

第一資料館第一資料館は徳川時代の仕事の様子や、佐渡小判の出来るまでの工程を500体の人形や模型で説明してあります。

金塊の取り出しチャレンジ第二資料館には、鉱脈の模型や純金復元の大判小判、触れることの出来る金塊が展示されています。

金塊を持ち上げる実際に触れることのできる金塊には行列ができます。
金塊の重さは12.5kgで、箱から金塊を取り出せると記念品がもらえます。

金山の売店資料館からは売店に繋がっています。
金山に関連したお土産などが多数並んでます。

スポンサーリンク

施設情報

名称 史跡 佐渡金山
よみ しせき さどきんざん
住所 新潟県佐渡市下相川1305番地
電話 0259-74-2389
営業時間 4月~10月/8:00~17:30
11月~3月/8:30~17:00
定休日 無休
料金 個人:大人900円~、個人:子供450円~
詳細は公式サイトをご参照下さい
アクセス 両津港から車で約50分
相川市街から車で約5分
駐車場 550台(無料)
公式サイト 史跡 佐渡金山
初掲載日 2012.5.4
最終更新日 2015.7.14


スポンサーリンク